完熟マンゴーラテという飲み物をご存知でしょうか。マンゴーにも色々なレシピがあるのですが、カルピスから発売されている完熟マンゴーラテという商品は、手軽にマンゴーの美味しさを楽しめる商品で、今イチオシとなっています。

宮崎県の完熟マンゴーがブームになっていますから、一度は食べてみたいと思った人も多いことでしょう。しかし、良く良く調べてみるとその価格に驚いてしまいます。

スーパーで売っている南国のフルーツをイメージしていたら、それとは全く違う価格帯となっているのです。最近人気が出てきて品薄であるという事も価格が高くなってしまった原因だと思いますが、外国産のものと比べるとやはり美味しさが全然違う事に気が付くはずです。

食べてみたいと思っても価格の面で気になるなら、完熟マンゴーラテがオススメです。この商品は全国の販売という事ですから、どこでも気軽にマンゴーが楽しめますよね。

贅沢な素材を使ったシリーズで、大人向けに販売しているものとなります。乳酸菌飲料とマンゴーを合わせたもので、甘みと酸味が調和し奥深い味わいになっています。

パッケージにも高級なイメージを取り入れ、特別な日に飲んだりするようなリッチな飲み物というイメージを持たせています。口に入れるとマンゴーの濃厚な甘みが広がりますから、単に水分補給として飲むのではなく、フツールを味わうという感覚でしょうか。

商品価格は350mlで158円です。一般的なペットボトル飲料に比べるとやや高めという印象を受けます。まさに価格からして高級志向ということになります。

そもそも大人がジュースを飲むという機会は少なくなっていますから、どのような時に飲むのかという事を考えて見ないといけないのではないでしょうか。

個人的にこの飲み物と似た要素があると感じられるのが、「とろとろ桃のフルーニュ」という商品です。これもマンゴーが入っており、ベースは桃の味とヨーグルトテイストとなっています。濃厚なフルーツの味がとてもすばらしく、私はちょっとずつ味わいながら楽しむ事が多くなっています。

もしかしたら完熟マンゴーラテは、この商品と似た要素があるのではないかと思っています。350mlで150円という価格もそうですし、濃厚な味であるマンゴーを取り入れたという面でも一緒です。

完熟マンゴーラテの方はトロピカル系、とろとろ桃のフルーニュは桃の甘さを特徴にしたものです。どちらが良いかは個人的な要素もあると思いますが、どちらも濃厚な味を楽しめる商品として、大人の贅沢飲料として定着していくかもしれませんね。