完熟マンゴーの太陽のたまごは宮崎県知事の東国原知事も推薦するフツールです。完熟にこだわり栽培されており、木から自然に落下するのを待って収穫されます。

だから自然な甘みがあり、一度食べたらまた食べたくなる美味しさです。完熟マンゴーの太陽のたまごは厳しい条件のもと栽培されており、自然に落下するまで木で熟成させる事、熟していても外観の面で優れている事、糖度は15度以上、出荷時に残留農薬の検査を行うなどの条件がありブランド化した果物となっています。

一般的な果物というのは現地で栽培して他の場所へ輸送する為に、熟した状態で収穫する事はありません。しかし、完熟マンゴーの太陽のたまごは果物が一番美味しく栄養素も優れている状態である、木から離れる完熟という状態を大切にしています。

本来は果物を美味しく食べるには、栽培された地域で熟したものをとって食べるというのが一番なのではないでしょうか。自分の畑でとれたものを自分の目で確認し、熟したものだけを採取して食べる、この方法が一番確実で美味しいといえると思います。

その美味しさを実現したのが完熟マンゴーの太陽のたまごということになります。完熟したものは軟らかく扱いが難しいという面から行っているところは少なくなっていますが、完熟マンゴーの太陽のたまごその問題をクリアし、全国各地にその美味しさを届けています。

品質の良い完熟マンゴーを育てるためには、木から完全に落下してしまわないように注意を払い必要があります。実ができたらネットで丁寧に包み、地面に落下しないようにし、そのまま成長を続け、自然に落下したところで収穫という事になります。

このように太陽のたまごは、かなり手間をかけて丁寧に育てられている果物だからこそ、値段もそれなりに高くなっています。2つ購入すれば数千円~1万円ほどはしてしまいます。

ただ、太陽のたまごはその金額に十分見合うだけの価値のある美味しさを味わうことができます。最近では東国原知事のPRもあってか、とても人気の商品となっていて中々手に入りにくい果物となってしまいました。

通販でも人気商品となっていますので、ショップを比較して価格の面でお手ごろなものを探してみるのもひとつの方法だと思います。栽培期間が限れらていますから、4月~7月までしか食べる事ができませんが、最近では完熟マンゴーの太陽のたまごを使ったゼリーなど季節を問わない商品も販売されるようになりました。

お試しにマンゴーゼリーを購入してみるのも良いですね。ただ、やはり一度は完熟マンゴーの太陽のたまご、味わってみて欲しいです。マンゴーがこんなに美味しいものだったのかと驚かれること間違いなしのおすすめフルーツです。