宮崎産の完熟マンゴーは、東国原知事が推薦する事もあって資金人気が高くなっているようです。知事をされる前は芸能人としてテレビで活躍されていた方ですから、本人の知名度も高く、知事になってからも積極的にテレビに出演して宮崎産の完熟マンゴーをはじめ多くの特産品をPRしてきました。

私も何度かテレビで見る事がありましたが、宮崎産の完熟マンゴーのアピール度はかなり高かったように感じました。と言いますのも元々この地域はそれ程馴染みのない場所でしたから、特産物が何であるのかという事も実は知らなかったのですが、東国原知事がテレビで宮崎産の完熟マンゴーを紹介しているのをきっかけに完熟マンゴーを知りました。

マンゴー自体は食べた事もありますが、取り寄せてまで食べたいと思うことはなくあまり気に止めた事もなったのですが、知事がテレビで実際に食べて紹介している姿を見て「食べてみたい」という気持ちになりました。

それで実際に宮崎さんの完熟マンゴーをネット通販で購入し食べてみたのですが、以前食べた事のあったマンゴーとは違ってとにかく味が濃厚でビックリしました。

食べた瞬間に、味が濃いことが分かります。繊維質が少なくて果汁も多くとにかく味が濃厚これが宮崎産の完熟マンゴーの特長だと思います。ただ値段もそれなりで、最初調べた時は2玉でだいたい1万2千円ぐらいでした。

さすがに、高くて買うのをやめようかと思ったのですが訳あり商品の宮崎産完熟マンゴーを発見し即購入してしまいました。訳ありと言っても同じ宮崎県産の完熟マンゴーなのですが、サイズが小さかったり、見た目が悪くて市場に卸せなかったものを安く販売されているとの事で、値段は2玉で4千円程度でした。

ただサイズは、確かに小さかったです。1万2千円のものは2玉で1000gか1200gぐらいありましたが、訳ありのほうは2玉で500gですからg数で考えると一般的に販売されているマンゴーとそれほど値段も変わらないかもしれませんね。

ただ、最初のお試しとしては訳ありのものでも味は全く変わらないということですので、こちらの方がいいかも知れません。ただ、一度この味を知ってしまうと、また欲しくなってしまうのが困ったところです。

テレビや雑誌で、マンゴーが出てくるとついつい思い出してしまうほどです。収穫時期は4月~7月くらいまでの限られた期間となっていますから、旬なこの時期に、果汁タップリの濃厚な甘みを味わって見てくださいね。

フルーツの中でも高価であるということから、贈り物として利用されたり、お土産として買って帰られる方も多いそうです。贈ってもらえるとものすごく嬉しいと思います。

機会があれば、宮崎産の完熟マンゴーぜひ試して見てくださいね。

完熟マンゴーラテという飲み物をご存知でしょうか。マンゴーにも色々なレシピがあるのですが、カルピスから発売されている完熟マンゴーラテという商品は、手軽にマンゴーの美味しさを楽しめる商品で、今イチオシとなっています。

宮崎県の完熟マンゴーがブームになっていますから、一度は食べてみたいと思った人も多いことでしょう。しかし、良く良く調べてみるとその価格に驚いてしまいます。

スーパーで売っている南国のフルーツをイメージしていたら、それとは全く違う価格帯となっているのです。最近人気が出てきて品薄であるという事も価格が高くなってしまった原因だと思いますが、外国産のものと比べるとやはり美味しさが全然違う事に気が付くはずです。

食べてみたいと思っても価格の面で気になるなら、完熟マンゴーラテがオススメです。この商品は全国の販売という事ですから、どこでも気軽にマンゴーが楽しめますよね。

贅沢な素材を使ったシリーズで、大人向けに販売しているものとなります。乳酸菌飲料とマンゴーを合わせたもので、甘みと酸味が調和し奥深い味わいになっています。

パッケージにも高級なイメージを取り入れ、特別な日に飲んだりするようなリッチな飲み物というイメージを持たせています。口に入れるとマンゴーの濃厚な甘みが広がりますから、単に水分補給として飲むのではなく、フツールを味わうという感覚でしょうか。

商品価格は350mlで158円です。一般的なペットボトル飲料に比べるとやや高めという印象を受けます。まさに価格からして高級志向ということになります。

そもそも大人がジュースを飲むという機会は少なくなっていますから、どのような時に飲むのかという事を考えて見ないといけないのではないでしょうか。

個人的にこの飲み物と似た要素があると感じられるのが、「とろとろ桃のフルーニュ」という商品です。これもマンゴーが入っており、ベースは桃の味とヨーグルトテイストとなっています。濃厚なフルーツの味がとてもすばらしく、私はちょっとずつ味わいながら楽しむ事が多くなっています。

もしかしたら完熟マンゴーラテは、この商品と似た要素があるのではないかと思っています。350mlで150円という価格もそうですし、濃厚な味であるマンゴーを取り入れたという面でも一緒です。

完熟マンゴーラテの方はトロピカル系、とろとろ桃のフルーニュは桃の甘さを特徴にしたものです。どちらが良いかは個人的な要素もあると思いますが、どちらも濃厚な味を楽しめる商品として、大人の贅沢飲料として定着していくかもしれませんね。

完熟マンゴーの太陽のたまごは宮崎県知事の東国原知事も推薦するフツールです。完熟にこだわり栽培されており、木から自然に落下するのを待って収穫されます。

だから自然な甘みがあり、一度食べたらまた食べたくなる美味しさです。完熟マンゴーの太陽のたまごは厳しい条件のもと栽培されており、自然に落下するまで木で熟成させる事、熟していても外観の面で優れている事、糖度は15度以上、出荷時に残留農薬の検査を行うなどの条件がありブランド化した果物となっています。

一般的な果物というのは現地で栽培して他の場所へ輸送する為に、熟した状態で収穫する事はありません。しかし、完熟マンゴーの太陽のたまごは果物が一番美味しく栄養素も優れている状態である、木から離れる完熟という状態を大切にしています。

本来は果物を美味しく食べるには、栽培された地域で熟したものをとって食べるというのが一番なのではないでしょうか。自分の畑でとれたものを自分の目で確認し、熟したものだけを採取して食べる、この方法が一番確実で美味しいといえると思います。

その美味しさを実現したのが完熟マンゴーの太陽のたまごということになります。完熟したものは軟らかく扱いが難しいという面から行っているところは少なくなっていますが、完熟マンゴーの太陽のたまごその問題をクリアし、全国各地にその美味しさを届けています。

品質の良い完熟マンゴーを育てるためには、木から完全に落下してしまわないように注意を払い必要があります。実ができたらネットで丁寧に包み、地面に落下しないようにし、そのまま成長を続け、自然に落下したところで収穫という事になります。

このように太陽のたまごは、かなり手間をかけて丁寧に育てられている果物だからこそ、値段もそれなりに高くなっています。2つ購入すれば数千円~1万円ほどはしてしまいます。

ただ、太陽のたまごはその金額に十分見合うだけの価値のある美味しさを味わうことができます。最近では東国原知事のPRもあってか、とても人気の商品となっていて中々手に入りにくい果物となってしまいました。

通販でも人気商品となっていますので、ショップを比較して価格の面でお手ごろなものを探してみるのもひとつの方法だと思います。栽培期間が限れらていますから、4月~7月までしか食べる事ができませんが、最近では完熟マンゴーの太陽のたまごを使ったゼリーなど季節を問わない商品も販売されるようになりました。

お試しにマンゴーゼリーを購入してみるのも良いですね。ただ、やはり一度は完熟マンゴーの太陽のたまご、味わってみて欲しいです。マンゴーがこんなに美味しいものだったのかと驚かれること間違いなしのおすすめフルーツです。

マンゴー生キャラメルという商品をご存知ですか。生キャラメルとして有名な花畑牧場が宮崎県とがコラボして最近新たに登場した生キャラメルなのです。

生キャラメルも最近では色々なバージョンが出てきていますが、マンゴー生キャラメルもその一つという事になります。その他で言えば、北海道の特産品としても知られる夕張メロン味やハスカップ味が有名ですね。

北海道といえば夕張メロンとイメージされる方も多いですが、あの独特の濃厚な甘みが味わえる生キャラメルという事でこちらも人気が高い商品になっています。

マンゴー生キャラメルは、宮崎県の東国原知事と花畑牧場の田中義剛さんが昔からの友人であると言うこと事から、マンゴーとキャラメルのコラボが実現しました。

生キャラメルブームは以前から続いていますが、マンゴー生キャラメルの構想は、実は1年程前から計画が進められてきていたそうです。それがようやく実を結び2009年の4月25日から発売されることになりました。

生キャラメルを更に味わい深いものにし、濃厚なフルーツの味を持たせるには、マンゴーが最適だと考えたのでしょう。1箱12粒入りで850円で、新鮮なマンゴーをピューレ状にしたものが入っていますから、フルーツの香りや濃厚な甘みも味わうことができます。

最近では商品が大人気で品薄が続いている事もあって、レシピがネット上やテレビなどで公開される事もあるようですが、マンゴー生キャラメルは自分で作るのはさすがに難しいと思います。

一般に公開しているのはプレーンタイプの生キャラメルですが、同じレシピを使って手作りしたとしても、北海道の厳選された素材であるという点はやはり実現できないと思います。

厳選された素材を使っているという点から、あの旨みを引き出すことができるのだと思います。発売後まだ間もない商品ですが夕張メロンと負けないくらい濃厚でフルーティな味に仕上がっていると口コミでも評価は高いです。

花畑牧場の楽天ショップでは、いまだ売り切れが続いていてなかなか買えないのですが、花畑牧場の商品を取り扱っている直営店の花畑牧場カフェでは購入できる事が多くなってきている話もありますから、気になる方は一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

札幌や新千歳空港のショップだけでなく、最近では南青山の外苑前駅側の花畑牧場カフェもありますし、宮崎市のみやざき物産館や宮崎空港でも販売されているようですので、お近くの方はマンゴー生キャラメル、要チェックですね。

マンゴーの切り方は通販などで購入した場合は、一緒にマンゴーの切り方の説明書も入っていることが多いのですが、例えば旅行先など、現地で買ったマンゴーの切り方が分からないという方や、通販の商品でも説明書きがされていない事もありますのでご紹介してみたいと思います。

果物には必ず種というものがありますから、どのような場所に種があってどのような形をしているのかをあらかじめ知っておく必要があります。

マンゴーの種は平べったい形をしていて、マンゴーの大きさより一回りくらい小さいサイズの種が入っています。ですからマンゴーを切るときは、この種の平べったい部分と並行になるように包丁を入れる必要があります。

種はそれ程厚みのあるものではなく、だいたい1cmくらいですから、種の部分を残して3等分に分けるようにすると良いでしょう。良くテレビなどで見かける、サイコロ状になったマンゴーの切り方は、3等分にした種の無い部分を切り分けると作ることが出来ます。

まずはフルーツ用のナイフを使って、さいの目状に切り目を入れていきます。さいの目の1個の大きさはどの位の大きさでも構いませんが、一口大になるように行うと良いと思います。

ナイフを入れるときには皮の部分まで切ってしまわないようにするのがポイントです。切り目を入れおえたら、そのままひっくり返すと見た目的にも良いマンゴーの出来上がりです。

皮を取って食べてもいいですし、そのままの状態でお皿に盛り付けてもOKです。種が付いている部分も回りに実が付いていますから食べることが出来ます。

種からうまく実を、剥ぎ取るようにナイフで切り落とし、あとは食べやすい大きさにカットしておけば良いでしょう。大きい部分はゲスト用、種の周りはお菓子つくりに利用したり家庭用としていただいても良いですね。

ただ、種の部分からとれた実はそれ程多くはありませんので、ケーキのトッピングなどに利用したりするのが良いかもしれません。焼いたケーキの上に生クリームと生のままマンゴーを乗せて、溶かしたゼリーを上に塗れば出来上がりです。

また、パウンドケーキの上にトッピングとして乗せて、そのまま一緒に焼いてしまうという方法もあります。マンゴーは火を通しても美味しく食べる事ができますし、また手軽に楽しむなら南国系のフルーツと一緒にミキサーにかけて、生のジュースを楽しむ方法もあります。

ジュースに溶かしたゼラチンを混ぜて固めれば、マンゴーのゼリーの出来上がりです。マンゴーはこのようにいろいろな方法で美味しくいただくことが出来ます。

マンゴーは切り方が難しい…と思われている方も多いようですが、やってみると意外と簡単に出来ますので気軽に試してみてはいかがでしょうか。